お墓とは

お墓とは
お墓とは

お墓と一口に言っても、実はその言葉が指すものは一つとは限りません。代々にわたって家で継いでいく「家墓」はおそらく最も代表的なお墓で、多くの方にとってお墓というとこの家墓のイメージが強いでしょう。
ですが、石碑を建てることのない「納骨堂」や近年話題の「樹木葬」も、同じくご遺骨を納めるという点ではお墓と呼ぶことができます。では、そもそもお墓とは何なのでしょうか?

お墓の歴史

お墓は、古代では天王や豪族によってつくられ、古墳として現存しています。日本で庶民がお墓を持つことが一般的になったのは、江戸幕府が宗教統制政策のひとつとして「檀家制度」を敷いてからだと言われています。これは、すべての百姓や町人に寺院への所属を義務付けるもので、支配階級でない庶民も石塔墓を寺院の墓地に建てられるようになりました。明治に入ってからは、制度がなくなり法的な拘束力もなくなりましたが、以来、お墓は先祖の供養をするとともに、その人が生きた証を残すものとして特別に扱われるようになりました。

お墓の役割

一般的なお墓は、先祖や家族を祀る目的でつくられます。お墓のタイプは複数あり、誰が入るかで変わってきます。最も多いのは家墓と呼ばれる家族が入るお墓ですが、他にも様々な形態のお墓が存在します。誰が入るのか、どの様な目的でお墓を建てるのか、という点もはじめに考えておきたいですね。
お墓の種類については、以下の記事もご覧ください。

お墓・葬送の種類

お墓には様々な種類があります。近年では、葬送方法も多様化しており、通常の埋葬の他にも、樹木葬や海洋葬と呼ばれるものも徐々に増えてきています。 お墓の種類を知り、どの方法が自…

続きを読む