お墓・葬送の種類

お墓・葬送の種類

お墓には様々な種類があります。近年では、葬送方法も多様化しており、通常の埋葬の他にも、樹木葬や海洋葬と呼ばれるものも徐々に増えてきています。
お墓の種類を知り、どの方法が自分たちの希望に最も近いかを捉えることが、お墓選びの第一歩となることでしょう。

伝統的なお墓の種類

最も一般的なお墓として親しまれているのが、石でできた墓標を建て、その下に遺骨を収めるタイプのお墓です。
このタイプのお墓の中にも、入る人によって複数の分類があります。

家墓

家族が代々入る一般的なお墓のことを「家墓(いえぼ)」といいます。

両家墓

夫と妻のそれぞれの先祖を一緒に祀るお墓のことを、「両家墓」といいます。
両家墓は、近年一人っ子の増加により需要が高まっています。一人っ子同士が結婚しお墓を建てる場合、家墓であれば両家それぞれのお墓を建てる必要があります。その場合管理の負担も大きく、両家墓として一つのお墓を建てるという方法があります。お墓には両家の家名を刻むほか、後々の承継を考えて先祖代々之墓としたり、名号や題目を刻む場合などがあります。

個人墓

一人用のお墓のことを個人墓といいます。

夫婦墓

夫婦二人だけが入るお墓を夫婦墓といいます。子供のない夫婦の場合、こうしたタイプのお墓にすることもあります。

共同墓

あまり一般的ではありませんが、親しい人同士で一緒に入るお墓を建てるケースもあります。
また、永代供養墓として、共同で埋葬されるタイプのお墓もあります(後述)。

新しく広がる葬送の種類

石塔を立てて埋葬するお墓のほかにも、近年では様々な葬送の方法が広がり、人気が出てきています。

納骨堂

納骨堂とは遺骨を収蔵する施設のことで、遺骨を土に埋めないことがお墓との大きな違いです。法律的な扱いや経営形態などは通常のお墓と変わらず、新しい葬送方法の中でも利用される方の多い形態です。
メリットとして、墓石を建てる必要がなく安価であること、屋内で省スペースのため手入れ・管理がしやすいこと、永代契約ではなく改葬がしやすいこと、などが挙げられます。特に土地の値段の高い都市部などでは近年需要と供給がともに高まっています。一方で、一般のお墓と違い遺骨を土中に埋葬しないことや、ほかの遺骨とともに収蔵されることなどに不満を感じられる方もいるようです。

永代供養墓

お墓にまつわるお悩みのなかでも多いのが、承継に関する問題です。最近は、生涯独身で過ごす人や子供のいない夫婦、あるいは子供はいても離れて暮らしているなどの理由により、お墓の承継が困難であるというケースが多々あります。そうした方々のために増えてきているのが、永代供養墓と呼ばれるお墓です。永代供養墓は、承継者に代わって墓地の管理者が永代にわたって遺骨を管理し、供養します。

樹木葬

墓標の代わりに樹木を用いる埋葬形態のことです。もともとは1999年に岩手県の祥雲寺というお寺が里山の保護を目的として始めたと言われています。近年では、樹木墓地や樹林型墓地といった呼び名で、他の地域でも同様の墓地が造られています。また、樹木の周りに合同で埋葬する永代供養墓の形態をとっているところもあります。自然に還るというイメージからか近年非常に人気が高まっているお墓ですが、同じ呼び方でも埋葬方法が異なる場合があるため、しっかりと確認のうえ検討する必要があります。

海洋葬(海洋散骨)

遺骨の埋葬は法律により認められた場所でしかできませんが、散骨は海や山など、より自然に近い場所で行うことができます。まだまだ少数派ではありますが、海上に遺灰を散骨する海洋葬なども徐々に広がりを見せています。散骨を希望する場合は、業者と生前契約を交わしたり、周囲の理解を得ておく必要があるでしょう。

無料相談受付中

このサイトは、わかりにくいお墓のことをより多くの方に知っていただくための情報サイトです。
お墓に関する無料相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

無料でお見積もりいたします

運営協力石材店の「関西陵石」では、大阪を中心に関西一円で墓石の販売・施工を承っています。
石種ごとの墓石価格を公開しており、お墓の新規建立からリフォーム・撤去まで、無料でお見積もりを作成します。

施工料金一例

  • 墓石の新規建立 総額248,000円~
  • 墓石の建て替え・建て直し 総額318,000円~
  • 墓じまい(お墓の撤去) 総額 70,000円~ など…

また、創業50余年の技術と経験により、ご希望に合わせた世界に一つだけのオリジナルデザインのお墓もおつくりすることができます。

詳しくは、ホームページをご覧ください。