墓石の石種

墓石の石種
墓石の石種

墓石に使用される石材は数百種類あるといわれ、色・産地・価格などがそれぞれ異なります。
見た目の違いはもちろんのこと、お墓は代々継いでいくものですから、墓石には風雨や日差しに長い年月耐えることのできる耐久性の高い石材を選ぶことが重要です。
地域によって使用される石種には傾向があるため、石材店のすすめる石種の中から選ぶとよいでしょう。

墓石の石種と色

墓石は色によって大きく印象が違ってきます。全国的な傾向としては、東日本は黒系、西日本では白系の石種が好まれるようです。また、和型の墓石は白やグレー系の石材が使われることが多く、洋型の墓石では赤など鮮やかな色の石種もよく使われるといった傾向があります。しかし、どの色が良い悪いといったことはありませんので、石目の大きさの違いや価格の違いなども考慮し、好みのものを選びましょう。

石材の産地

墓石に使う石材は、世界各国で産出されます。日本の墓石にも様々な国で採られた石材が使用されています。昔は石材はその重さから輸送が困難で、その土地の近くで産出された石材を使うことが一般的でした。東日本と西日本で好まれる石種の色が違うことも、採掘される石材の違いから生まれた傾向です。現在は、国産の石材は希少性から高価なものが多く、品質に対して割安な外国産石材が多く利用されるようになっています。

墓石の産地

墓石の産地

墓石に使用する石材は国産のものだけでなく、中国、インド、アメリカ、南アフリカなど、様々な地域で産出され輸入されています。 国産の墓石材 外国の石材が多く使用されるようになっ…

続きを読む

石種によって大きく変わる価格

墓石の価格の大部分は、使用する石材の種類と量によって決まります。石材は天然の資源であるため、単純な品質だけでなく、その希少性や需給バランスによって価格が決まります。
似た色の石材でも、ものによっては原価が数十倍も違うということもあります。基本的には高価な石材ほど品質も高い傾向にありますが、産出量の違いによっては必ずしもそうでないことがあります。
石種を決める際には、産地や価格だけでなく、色や石目、品質といったそれぞれの石の持つ特徴について、石材店の説明やアドバイスをよく聞いて検討するとよいでしょう。

無料相談受付中

このサイトは、わかりにくいお墓のことをより多くの方に知っていただくための情報サイトです。
お墓に関する無料相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

無料でお見積もりいたします

運営協力石材店の「関西陵石」では、大阪を中心に関西一円で墓石の販売・施工を承っています。
石種ごとの墓石価格を公開しており、お墓の新規建立からリフォーム・撤去まで、無料でお見積もりを作成します。

施工料金一例

  • 墓石の新規建立 総額248,000円~
  • 墓石の建て替え・建て直し 総額318,000円~
  • 墓じまい(お墓の撤去) 総額 70,000円~ など…

また、創業50余年の技術と経験により、ご希望に合わせた世界に一つだけのオリジナルデザインのお墓もおつくりすることができます。

詳しくは、ホームページをご覧ください。