お墓の移転(改葬)の流れ

お墓の移転(改葬)の流れ
お墓の移転(改葬)の流れ

新しい墓地を準備する

お墓の移動には、役所から遺骨を移す許可を得なくてはなりません。
許可申請をする際には、移転先の管理者からの受入証明書が必要になります。したがって、お墓の移転をお考えの際には、まずはじめに新しい受け入れ先となる墓地を準備する必要があります。
また、墓地を探す際、現在の石碑をそのまま使用したい場合にはそれが可能かどうかも確認しておきましょう。

なお、以下に述べる改葬許可申請のために、移転元の管理者からも了承を得る必要があります。今までのお墓が寺院にある場合は、慣習や付き合いの程度によって御布施が求められる場合もあるため、注意しましょう。

改葬許可証を取得する

墓地が決まったら、役所での手続きを行います。
お墓の移転のことを改葬と言い、お墓の移転に際しては役所から改葬許可を得る必要があるのです。

移転元の市町村役場にある改葬許可申請書に必要事項を記入し、移転先の管理者からの受入証明書と、移転元の管理者から発行してもらう埋葬証明書を添付して提出します。
書類に不備がなく要件を満たしていれば改葬許可証が発行されますので、これを移転先の役所に提出します。

閉眼供養(魂抜き)をする

移転元からご遺骨を取り出す際に、お墓を石に戻すための「閉眼供養」を僧侶に依頼します。これには、墓石に宿った魂を抜き取り、墓石を単なる石に戻すという意味があります。

移転工事(撤去・移転・新設)

移転元にあるお墓を撤去し、墓石を移転先に移すか、移転先で新しくお墓を建てます。
お墓の工事が発生するのはこの段階になってからですが、石材店には改葬の手続き前に相談をしておくと良いでしょう。

開眼供養(魂入れ)、納骨供養をする

移転先のお墓が完成したら、ご遺骨を新しい墓所にお納めします。開眼供養を行うことにより、墓石に故人の魂を迎え入れることができるとされています。
こちらも、納骨供養と併せて僧侶に依頼をしましょう。

※法要は宗旨宗派により異なりますのでご注意ください。

無料相談受付中

このサイトは、わかりにくいお墓のことをより多くの方に知っていただくための情報サイトです。
お墓に関する無料相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

無料でお見積もりいたします

運営協力石材店の「関西陵石」では、大阪を中心に関西一円で墓石の販売・施工を承っています。
石種ごとの墓石価格を公開しており、お墓の新規建立からリフォーム・撤去まで、無料でお見積もりを作成します。

施工料金一例

  • 墓石の新規建立 総額248,000円~
  • 墓石の建て替え・建て直し 総額318,000円~
  • 墓じまい(お墓の撤去) 総額 70,000円~ など…

また、創業50余年の技術と経験により、ご希望に合わせた世界に一つだけのオリジナルデザインのお墓もおつくりすることができます。

詳しくは、ホームページをご覧ください。